日刊ふじいかず

継続は力なりで、日刊継続を目指し、質より量で頑張ってみます。

Archive for 11月 27th, 2011

日刊ふじいかず178

leave a comment »

Cimg0458

人生は1冊のノートにまとめなさい」を読み始めた。
もっと早く読めばよかった。

この著者の本は、ある日突然、ダイレクトメールが届いて発売を知った「情報は1冊のノートにまとめなさい」、その後、続編として発売された「読書は1冊のノートにまとめなさい」と立て続けに読んでいたので、3冊目は、読まなくてもいいと思っていた。
コンビニで手に入るA6サイズのノートに、何でも時系列にどんどん書いていくという情報管理、ノート術が紹介されていた。

自分は、仕事ではA5サイズのノートを使っている。
A5サイズは、A4のちょうど半分なので、書類などを貼ったりするのにちょうど良い。
A6だと、折らなければならなかったり、1ページに書き込める情報量が少ない。

また、これらの本には1ページに次々と詰めて情報を記録していくと書かれていた。
自分は、仕事のテーマ別に1ページを割くようにしている。
1ページが埋まらなくても、テーマが違えば、新しいページにする。
以前書いたページに、同じテーマの事柄を後から書き足すこともよしとしている。

というように、紹介されていたことと、自分のやり方とは異なっている。

しかし、「たった一度の人生を記録しなさい」を読んだら、「人生は1冊のノートにまとめなさい」を読んで、人生が変わったといった紹介のされ方をしていたので、読んでみることにした。

まだ、読んでる最中。

この本の中で著者は、最近はA5サイズのノートを使っていると書いている。
1ページに次々と詰めて記録している点は、以前から変えていないようだ。

ライフログ。
これまでの2冊は、仕事ノート、読書ノートだったが、今回の「人生は1冊のノートにまとめなさい」は、ライフログだ。
自分もライフログのように、TwitterやEvernoteを使っているつもりだったが、この本に紹介されているライフログは、半端ではない。
でも、半端ではない記録を残せば、人生変えられるような気になってきた。

今日、さっそく、A6ノートでライフログをはじめた。
時間の使い方が早速目に見えるようになってきた。
よい緊張感の中で、一日を過ごすことができた。

本当の意味でのライフログにはまった。

Written by fujiikazu

2011年11月27日 at 13:21

カテゴリー: Uncategorized